彼岸花 1958年(昭和33年)    邦画名作選
直線上に配置              

会社の常務をしている平山渉には、適齢期を迎えた娘・節子がいた。

そんな平山のもとに、ある日突然、谷口正彦という青年が訪ねてくる。
そして、節子との結婚を許して欲しいと申し出るのだった。

自分に相談もせず、娘が結婚相手を決めたことに、腹を立てた平山は、
結婚式にも、披露宴にも出ないと言い張るが…。


娘の嫁入りは、小津映画の基本テーマだが、この作品もまた父親と嫁ぐ娘を描いた作品である。

他人の娘の恋愛には寛容だが、自分の娘のこととなると途端に頑固になってしまう。
娘の結婚に冷静になれない頑固親父を、佐分利信がおもしろおかしく演じている。

佐分利の親父仲間、飲み屋の女将など、いつもの面子もそろっている。

大映から招いた看板スター、山本富士子の溌溂とした京都弁も絶妙。
頑固親父にまんまといっぱい食わせる、頭の切れる京都娘を好演している。

娘の結婚という家庭の事件が、ユーモアと悲哀を交えて描かれる小津調ホームドラマの佳篇。


  製作 松竹
  監督  小津安二郎

  配役 平山渉 佐分利信 佐々木初 浪花千栄子       河合利彦    中村伸郎 
  妻・清子 田中絹代 娘・幸子 山本富士子        堀江平之助    北竜二 
  長女・節子 有馬稲子 三上周吉 浪花千栄子       近藤庄太郎    高橋貞二
      次女・久子    桑野みゆき       娘・文子   久我美子       若松の女将    高橋とよ 
  谷口正彦 佐田啓二 長沼一郎 渡辺文雄            

直線上に配置