娘・妻・母     1960年(昭和35年)       邦画名作選
直線上に配置

東京山の手に住む坂西家は、還暦を迎える老母をはじめとして、七人の大家族である。

長男は、町工場を経営する妻の叔父に融資し、その利息を生活の足しにしていた。
だが、ある時、叔父が姿をくらましてしまい、一家は騒然としてしまう…。


中産階級の大家族が崩壊してゆく様を、成瀬巳喜男がオールスターキャストで描いた力作。

老母の還暦の祝いで家族全員が集まる。子供たちからの贈り物に幸せそうな母の顔。
長男が「今度お母さんを温泉に連れて行こう」と提案し家族全員が賛成する。

幸福感が十分に伝わる家族だが、その後に起きる家族崩壊の悲劇。
長男の融資先の会社が倒産、会社の社長は逃亡して行方知れずとなる。

抵当にいれていた家を手放すことになり、兄弟の誰が老母を引き取るかで紛糾する。
存命の母を横目に、財産分与の話まで発展し、家族間のエゴが炙り出される。

長女は、他の兄弟たちが拒否した為、自分が母親を引き受けようと決心する。
それは見合いしている相手が、母親の同居に賛成しているからであった。

しかし老母は長女との同居を拒否する。長女の判断が「自己犠牲」として映ったためだ。

子供たちの本音を知った老母は、黙って「老人ホーム」に入る決心をする。
それは子供たちに対するささやかな抵抗でもあったのだ。


  製作  東宝
  監督  成瀬巳喜男

  配役    坂西あき 三益愛子 礼二の妻・美枝 淡路恵子 黒木信吾 仲代達矢
      長女・曽我早苗 原節子 次女・谷薫 草笛光子 五条宗慶 上原謙
      長男・勇一郎    森雅之       夫・谷英隆   小泉博        和子の叔父   加東大介 
      妻・和子    高峰秀子        三女・坂西春子   団令子       早苗の友人    中北千枝子
      次男・礼二    宝田明       英隆の母・加代   杉村春子        公園の老人   笠智衆

直線上に配置