2月26日 タイムカプセル 戦後編 (1) 昭和20年 (1945年)    タイム・カプセル    昭和21年へ
直線上に配置

この年、松竹少女歌劇出身の並木路子さんが、映画「そよかぜ」の挿入歌として歌った「リンゴの唄」が爆発的なヒットとなった。
その明るい歌声は、敗戦直後で打ちひしがれた日本社会に大きな希望を与えた。

(映画)第18回アカデミー賞「失われた週末」(主演 レイ・ミラント)
 松竹「そよかぜ」(並木路子佐野周二上原謙) 東宝「続 姿三四郎」(大河内伝次郎藤田進轟夕起子月形龍之介)大映「狐の呉れた赤ん坊」(阪東妻三郎橘公子

(音楽)
リンゴの唄  同期の桜 ラバウル小唄 愛国行進曲

(ラジオ)NHK「紅白音楽試合」(司会 水の江滝子
(スポーツ)プロ野球が東西対抗戦で復活。東軍は読売、名古屋、セネタース、西軍は大阪タイガース、大阪阪急、近鉄朝日の連合軍だった

(流行語)「一億総懺悔」「銀シャリ」「パンパンガール」「ピカドン」「DDT」「MP」(進駐軍の憲兵)

(社会)東京大空襲(3.10) 戦艦大和撃沈(4.7)米軍、原爆を投下(8.6) 日本無条件降伏(8.15) 日本政府、GIの性的欲望を満足させるため、特殊慰安施設協会(RAA)を設立、東京に3カ月間で、25カ所の施設を設置し、慰安婦は1600人に及んだ(8.26)

国際連合が成立(10.24) 戦後初の宝くじ、1等は賞金10万円と純綿キャラコ2反、空くじ4枚と引き換えにタバコ「金鵄」が10本もらえた(10.29) アメリカ軍が東京拘置所を接収し、巣鴨プリズンと命名、日本人戦犯容疑者が収容された(11.1)
 「紅白歌合戦」というタイトルがGHQから「好戦的」という理由で却下され「紅白音楽試合」に変更して放送(12.31)

(物価)ふかし芋、ライスカレー、おでん、だんご、すいとん、しるこ、シチューなどが、やみ市で5〜10円で売られた。サラリーマン給与 200円。

(その他)日米会話手帳[誠文堂新光社]輪タク 竹の子生活 洋モク カストリ 玉音放送 




         
               
    リンゴの唄




日本が無条件降伏した昭和20年8月15日から5日目の8月20日、東京新宿の焼け跡によしず張りのマーケットが登場した。

「東京闇市興亡史」はこう記録している。

並べた品物は日用雑貨で、値段はご飯茶碗1円20銭、素焼き七輪4円30銭、下駄2円80銭、フライ鍋15円、醤油樽9円、手桶9円50銭、
ベークライト製の食器・皿・汁碗三つ組8円だった。

このあと、東京はもちろん全国の盛り場という盛り場は、乾燥した草原に火をつけたように次々と闇市化していくことになる。

8月の末からは、占領軍の進駐がはじまり、隣組の緊急回覧板は「占領軍を迎えるにあたっての心得」を通知して不祥事発生の防止につとめている。

(1)娘心に意味もなく笑ったり愛嬌笑いはしないこと。
(2)女の一人歩きや夜の外出はしないこと…等々。

はじめは恐る恐る迎えた占領軍に、やがて子供が近づいていった。
交歓のきっかけは、GIが差し出すチョコレートやチューインガムだった。

そして10月、代々木康監督の松竹作品「そよかぜ」が封切られ、主演の並木路子が歌ったサトウハチロー作詞・万城目正作曲の「リンゴの唄」が大ヒット。

並木路子は、この歌一本でたちまちスターとなり「リンゴの唄」は虚無と虚脱の街を流れまくった。
戦後の日本、それは闇市とGIと「リンゴの唄」でスタートした。