10月8日  タイムカプセル(30)昭和59年(1984年)  タイム・カプセル

直線上に配置


この年、朝日新聞社と日劇の跡地に有楽町マリオンビルがオープン。
2つのデパート(阪急・西武)と5つの映画館が、銀座の新名所となった。

(映画)第57回アカデミー賞「アマデウス」
「ステイン・アライブ」「インディジョーンズ魔宮の伝説」

東宝「おはん」(吉永小百合石坂浩二大原麗子)ATG「お葬式」(山崎努) 「風の谷のナウシカ」 東宝「刑事物語3 潮騒の詩」(武田鉄矢星由里子沢口靖子

(音楽)第26回レコード大賞「
長良川艶歌五木ひろし

涙のリクエスト(チェッカーズ) 娘よ(芦屋雁之助) 桃色吐息(高橋真梨子)浪花節だよ人生は(細川たかし)飾りじゃないのよ涙は(中森明菜)恋 はじめまして(岡田有希子)星空のディスタンス(アルフィー)ワインレッドの心(安全地帯)もしも明日が(わらべ)

モニカ(吉川晃司)釜山港へ帰れ(渥美二郎)風の谷のナウシカ(安田成美)時間の国のアリス、ピンクのモーツァルト(松田聖子)つぐない(テレサ・テン)スリラー(マイケル・ジャクソン)Like A Virgin (マドンナ)

(テレビ)NHK「ハングル講座」TBS「不良少女とよばれて」(伊藤麻衣子、国広富之)テレ朝「特捜最前線」(二谷英明、大滝秀治)フジ「時代劇スペシャル 子連れ狼」(萬屋錦之介、岡田二三、原田美枝子、三国連太郎)テレ朝「必殺仕事人4」(藤田まこと、三田村邦彦、中条きよし)テレ朝「必殺仕切人」(京マチ子、中条きよし)TBS「スクール・ウォーズ」(山下真司、岡田奈々)TBS「くれない族の反乱」(大原麗子田村正和、神田正輝)TBS「うちの子にかぎって…」(田村正和、森下愛子)TBS「金曜日の妻たちへII」(高橋恵子、伊武雅刀)



                            




(スポーツ)植村直巳、北米のマッキンリー冬季単独登頂に世界で初めて成功、その後消息を絶った。

(ファッション)イタリアン・カジュアル、デザイナーズ・ブランド
(流行語)ソープランド、普通のおばさん(都はるみ) 私はこれで会社を辞めました(アルマン、禁煙パイポ) イッキ、教官(堀ちえみ)ざんげ、だ埼玉

(社会)(社会)02/23「ロス疑惑」騒動。03/18江崎グリコ社長誘拐事件。07/28第23回オリンピック大会がロサンゼルスで開催(〜08/12)10/06有楽町の日劇跡地にマリオンが建設。0/31ガンジー・インド首相暗殺される。11/01新日本銀行券(1万円、5千円、千円)発行。

(物故)植村直己、竹山逸郎、長谷川一夫、霧島昇、有吉佐和子、大川橋蔵、美濃部亮吉

(その他)菊池桃子、映画「パンツの穴」でデビュー。森進一、大原麗子と離婚。吉田拓郎浅田美代子と離婚。夏目雅子、伊集院静と結婚。沢口靖子、映画「刑事物語3・潮騒の詩」でデビュー。長山洋子、「春はSaRaSaRa」で歌手デビュー。佐久間良子平幹二朗と離婚。都はるみ引退宣言。

ドラゴンボール(週刊少年ジャンプ) FRIDAY(講談社)テレホンカード。 六甲のおいしい水。キャベツ人形。世界一の長寿国日本(男72.5歳・女74.9歳)トルコ人青年の訴えから「トルコ風呂」の名称変更「ソープランド」へ。



直線上に配置



   
                   「長良川艶歌」五木ひろし





ロス疑惑


1981年(昭和56年)11月、ロサンゼルス郊外で三浦和義氏の妻、一美さんが頭部を銃撃された。


その後、1984年(昭和59年)2月23日、三浦氏に1億5千万円の保険金が下りたことなどから
「週刊文春」誌がスクープ記事を発表。

警視庁も動き出し逮捕となったが、2003年最高裁で三浦氏の無罪が確定。



その後、2008年(平成20年)2月、三浦氏は旅行中のサイパンでロス市警に逮捕された。
容疑は、27年前の一美さん殺害事件の共謀罪によるものだという。

8か月後の2008年(平成20年)10月、三浦氏がロス市警の留置場で
Тシャツで首をつっているのが発見された。



たが、なぜ三浦氏が自殺したのか明確な理由は分かっていない。

三浦氏の弁護団が独自に依頼した病理学者が調べた結果、三浦氏の背中に殴られた傷があり
これは自分で首をつった自殺ではなく、他殺であると弁護団は主張している。


他殺であれば、考えられるのは、一美さん殺しの共犯者による口封じのための殺害だ。

だが、その共犯者が、どうやってロス市警の留置場まで侵入できたのかという問題が残る。


いずれにしても、三浦氏が裁判なしに死亡したことにより、真相は闇の中となってしまった。











一億総中流


国民生活意識調査(総理府)によると、国民の九割が自分の生活程度を「中流」と考えているという。

当時は、夫がサラリーマン、妻が専業主婦というのが「中流家庭」の典型であった。


サラリーマンの初任給格差は小さく、その後格差がつくものの、ほとんどのサラリーマンの収入が
上昇したので、ほとんどの人が結婚でき、平等意識を持てたのである。


ドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983年)は、都会に住む団塊の世代の夫婦を描いたホームドラマ。




登場人物は、年齢が30代から40代前半の既婚男女らであり、生活程度は「中の上」で、東京郊外の新興住宅地に暮らしている。

彼らはしばしば互いの家を夫婦で訪問し合ったり、一緒に近くのレストランに出かける。

だが、一見平和で優雅に見える彼ら夫婦にも、やがて浮気、妻の自立で波風が立ち始める。


舞台になった東急田園都市線沿線の新興住宅街でのおしゃれな暮らしぶりが「金妻タウン」と話題となった。


また、旦那が留守のほうが気楽というCM「亭主、元気で留守がいい」は、1986年の流行語となった。













スクール・ウォーズ


滝沢賢治(山下真司)は、川浜高校の体育教師でラグビー部の監督をしている。


彼は、かつて全日本ラグビー界で一世を風靡したのだが、ケガのため引退。

その後、校内暴力で荒れる川浜高校の校長に請われ、教師として着任したのだった。


当時の川浜高校は、学生による器物損壊、カツアゲなど校内暴力が深刻化していた。

滝沢は、ラグビーを通じて荒廃した学生たちを更生させようと日夜奮闘を続ける。




そして監督に就任して半年後、高校ラグビー県大会で強豪・相模一高と対戦した。

結果、相模一高にワンサイドで攻められた川浜高校は、109対0で完敗してしまう。

滝沢は悔しさのあまり泣き、部員たちにも悔しくないのかと問いただすのだった。



熱血教師が、数々の苦難を乗り越え、無名のラグビー部を全国優勝に導くまでの軌跡を描く。


相模一高に大敗を喫したことをきっかけに、川浜高校ラグビー部は生まれ変わった。
翌日から、誰に強制されるわけでもなく「打倒相模一高」を目標に猛練習を開始する。


あるとき、部員の一人が倒れたため、滝沢の練習方針が厳しすぎるという批判が高まる。
だが、部員たちは、自分たち自らの意思で猛練習に耐えていることを自覚していた。

やがて、滝沢の母校・東都体育大学との練習試合に挑んだ川浜高校ラグビー部は、
格が違う相手ながら、以前とは見違えるような試合振りを見せた。


青春スポ根ドラマの金字塔ともいわれ、109対0という大敗後の控室で、悔しいと吐露する
部員たちと、彼らを殴る滝沢の歴史的シーンは、ドラマを象徴するものとなった。

部員たちの、それぞれのドラマが感動を呼び、これを見てラグビーを始めた人も多いという。











くれない族の反乱


中野和子(大原麗子)は、結婚11年目の専業主婦。

夫は単身赴任、気の合わない姑にわがままな娘、家庭は不満だらけだ。


そんなおり、知人の紹介で、和子はデパートの食品売り場で働き始める。


初出勤の日、和子が乗ろうとしたタクシーに男が飛び乗ってきた。

彼は、なんとデパート食品売り場のチーフ佐伯(田村正和)だった。


これがきっかけで知り合った二人は、やがて互いに惹かれ合っていく。




佐伯は、妻子がいるが、折り合いが悪く、今は別居生活を送っている。

和子は、いけないと思いながらも、心はときめいてしまうのだった。



マンネリ化した日常に不満をもつ専業主婦の揺れ動く心情を描く。


「くれない族」とは「夫がかまってくれない」「子供が言うことをきかない」
といった不満症候群に陥った主婦たちのこと。

30代主婦の別称にもなり、このタイトルは、そのまま流行語になった。


和子の夫は、手取り30万円。東京近郊に建売住宅を買い、月々の返済は10万円。

だが、夫は甲府へ単身赴任となり、二重生活は貯金を食いつぶすばかりだった。


家庭の不満に、経済的ピンチが拍車をかけ、和子はデパ地下のパートを始める。

やがて、仕事を通じて出会った上司から、和子は思いを寄せられるようになる。


こうした身近にありそうな舞台設定が、主婦層の共感を呼び、高視聴率を記録した。


主婦の浮気は働いている人の方が多いという。職場には出会いが多いからだ。

夫婦共働きの時代を迎え、女性も強くなり、離婚も気軽に出来るようになった。

放送日の夜、この番組を見るために、家路を急ぐ男性も少なからずいたという。














ソープランド


「ソープランド」という呼称は、1984年から採用された。

「清潔で明るいイメージがある」というのが選ばれた理由だ。

「トルコとトルコ風呂は何の関係もない。変なイメージを持たれて不愉快」

というトルコ人留学生のクレームから名称変更となったのである。



トルコ風呂の歴史は、1958年(昭和33年)に施行された売春防止法にはじまる。

生き残りをかけた赤線業者が「浴場」として営業届を出し「トルコ風呂」
と銘打って転業したのである。





1969年に「泡おどり」と称する、全身泡まみれになっての密着プレーが発案されると、
評判は、またたく間に全国に広がった。

似たような店が雨後のタケノコのごとく増え、サービスはどんどん過激になり、
「泡おどり」は、一躍トルコ風呂の代名詞となった。


そんなさなかにトルコ人留学生からのクレームがあったのだが、この苦情を受けて
名称変更に尽力したのが、当時NTVのニュースキャスターだった小池百合子である。

彼女は、トルコの名称が軽蔑的な使われ方をしているとテレビで大々的に報道。


これが大きなニュースとなり世間を騒がせたため、トルコ風呂業者たちもやむなく
名称変更に同意し「トルコ」の文字を店の看板から外すことになったのである。