7月17日   タイムカプセル(14)昭和43年 (1968年)  タイム・カプセル
直線上に配置


この年、東芝府中工場の従業員4600人分のボーナス2億9430万7500円が、現金輸送車で運ばれる途中の東京府中刑務所横で、
白バイ警官に変装した男に強奪された。

「負傷者ゼロ、犯行時間3分。犯人の数は不明」という謎めいた犯罪は、人々の話題を独占した。

1975年には刑事事件として時効が、1988年には民法上の時効が成立し、未解決に終わった。
この事件以降、多くの会社が給料の支給を手渡しから口座振込に切替えるようになった。

(映画)第41回アカデミー賞「オリバー!」
猿の惑星」「2001年宇宙の旅」「ロミオとジュリエット」「卒業

日活「黒部の太陽」(三船敏郎石原裕次郎)ATG「肉弾」(寺田農、大谷直子)日活「神々の深き欲望」(河原崎長一郎、沖山秀子)大映「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」大映「妖怪百物語」(藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、ルーキー新一) 東宝「社長繁盛記」(森繁久彌加東大介小林桂樹浜木綿子司葉子酒井和歌子

(音楽)第10回レコード大賞「天使の誘惑」黛ジュン

 「
恋の季節」ピンキーとキラーズ「ブルーライト・ヨコハマ」いしだあゆみ「花の首飾り」「君だけに愛を」ザ・タイガース 「ケメ子の唄」ザ・ダーツ「エメラルドの伝説」ザ・テンプターズ「グッド・ナイト・ベイビー」ザ・キングトーンズ「伊勢崎町ブルース」青江三奈「盛り場ブルース」森進一「愛の奇跡」ヒデとロザンナ「三百六十五歩のマーチ」水前寺清子「好きになった人」都はるみ

(テレビ)NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」(北大路欣也浅丘ルリ子、森光子、高橋英樹)フジ「お昼のゴールデンショー」(前田武彦、コント55号、ケーシー高峰、てんぷくトリオ)フジ「夜のヒットスタジオ」(前田武彦)フジ「男はつらいよ」(渥美清、長山藍子)フジ「マイティジャック」(二谷英明、久保菜穂子、南広)TBS「怪奇大作戦」(岸田森、勝呂誉、原保美、松山省二、小林昭二)TBS「キイハンター」(千葉真一、野際陽子)TBS「肝っ玉かあさん」(京塚昌子) TBS「おやじ太鼓」(進藤英太郎、風見章子) TBS「3人家族」(竹脇無我栗原小巻) NTV「巨人の星」



                                                




(スポーツ)10/12メキシコオリンピック開幕。日本は金メダル11、銀メダル7、銅メダル7。

(流行語)「昭和元禄」「ハレンチ」「サイケデリック」「とめてくれるなおっかさん」「ノンポリ」「五月病」「ゲバ棒」

(社会)1/9アラブ石油輸出国機構(OAPEC)結成。1/19米原子力空母エンタープライズ佐世保入港。3/9イタイイタイ病で初の訴訟。3/28東大安田講堂占拠される。4/4米黒人運動指導者キング牧師暗殺。6/5ロバート・ケネディ暗殺。6/26小笠原諸島日本に復帰。7/1郵便番号制度実施。7/8参議院選で石原慎太郎、青島幸男、横山ノックなどタレント議員が大量当選。

8/20チェコ動乱、ソ連東欧5ヵ国軍チェコに侵入。9/26厚生省、水俣病を公害病と認定。10/17川端康成氏、ノーベル文学賞受賞。11/15米、大統領選挙、共和党のニクソンが当選。12/10 3億円強奪事件。12/24アポロ8号月面をテレビ中継。12/31日本のGNP、アメリカについで第2位に。

(物故)円谷幸吉、斎藤達雄、ヘレン・ケラー

(その他)和田アキ子、「星空の孤独」で歌手デビュー。いしだあゆみ、「ブルーライト・ヨコハマ」でデビュー。

文化放送「走れ!歌謡曲」(落合恵子)パンタロン。シースルー(サンローラン)ミニスカート大流行。ボンカレー発売。サッポロ一番みそラーメン(サンヨー食品)週刊少年ジャンプ創刊。「あしたのジョー」(少年マガジン)

「民法入門」佐賀潜(光文社)「竜馬がゆく」司馬遼太郎(文芸春秋)「どくとるマンボウ青春記」北杜夫(中央公論社)アフロヘア(ブラックミュージック)マジソンバック(エース)フエルアルバム(ナカバヤシ)




直線上に配置


                    恋の季節 (ピンキーとキラーズ)








キイハンター


エレナと名乗るスイス人女性が、国際警察の黒木(丹波哲郎)を訪ねて来る。

彼女は、スイスで結婚を誓った婚約者を訪ねて来日したという。


婚約者の写真を見せられ、黒木は驚く。彼の元同僚・藤崎(南原宏治)だった。

だが黒木は「この男のことは忘れるんだ」と冷たくエレナを突き放す。

そして帰国するよう促した矢先、彼女は何者かに車で轢き殺されてしまう。

黒木は、エレナが出していた新聞広告を手がかりに調査を開始する。




警察の手に負えない事件を国際警察「キイハンター」が解決するアクションドラマ。


ハードボイルドが身上のボスの黒木(丹波哲郎)外国語が堪能な津川(野際陽子)
ずば抜けた身体能力をもつ元新聞記者・風間(千葉真一)らが大活躍する。


セクシーな津川が敵を投げ飛ばし、風間は列車の上で格闘するなどアクションが炸裂。

荒唐無稽ながら無類の面白さで、当初1年の放送予定が5年に延び、全262話が
放送された大ヒット作である。


このドラマの共演がきっかけでゴールインした千葉・野際カップルだったが、破局。













男はつらいよ


車寅次郎(渥美清)は、家出して以来、約18年ぶりに故郷柴又に帰ってくる。


そこで、おいちゃん(森川信)、おばちゃん(杉山とく子)、そしてたった一人
血の繋がった妹さくら(長山藍子)と感動の再会を果たす。


しかし、久々の再会を喜ぶ寅次郎とは裏腹に、お調子者の兄に戸惑うさくら。


酒の入った非常識な振る舞いに、さくらの怒りを買った寅次郎は、翌日反省し
再び旅に出て二度と帰らない事を決める。





東京の下町を舞台に、無学だが義理人情に厚い兄・車寅次郎(渥美清)と、
しっかりものの妹・さくら(長山藍子)を軸に展開する人情コメディ。


テキ屋が主人公というのは、脚本家・山田洋次の斬新なアイデアだった。

寅さんがしゃべるセリフには渥美清のアドリブがかなり入っていたという。


ラストは奄美大島でハブに噛まれてあっさり死んでしまうものだったが、
放送後フジテレビに抗議の電話が殺到したため、映画化されることに。

以降、映画(松竹)のドル箱としてシリーズ化された。











肝っ玉かあさん


原宿でソバ屋をきりもりしている「肝っ玉かあさん」こと大正五三子(京塚昌子)

女手ひとつで子供二人を育て、従業員たちから「女将さん」と呼ばれ慕われている。


だが、昔気質で頑固な古いタイプの母親に対して、子どもたちは現代っ子ばかり。

きょうもきょうとて、長男の一(山口崇)が突然、結婚したいと言いだした。

その相手は、女性雑誌の記者だという。





未亡人ながらソバ屋を切り回す面倒見の良いおかみさんを主人公にしたホームドラマ。


長男に山口崇、嫁に長山藍子、看護婦志望の娘は沢田雅美という配役だが、なんといっても
京塚昌子のおかみさんのパワフルで温かいパーソナリティがよかった。


当時の京塚は、体重70キロという貫禄十分の体格。このたっぷりした存在感に
石井ふく子プロデューサーが惚れこみ、主役に抜擢したという。

肝っ玉かあさんは、51歳の設定だが、演じる京塚は当時38歳。大変な老け役だった。


舞台はソバ屋だったが商売ドラマではなく、日常茶飯事の出来事、登場人物たちの
心のひだを細かく取り上げる正真正銘のホームドラマ。


京塚昌子という打ってつけの役者を得て、初回から30%に迫る視聴率をマーク。
1972年(昭和47年)まで全117回という人気シリーズとなった。

なおこの番組の大ヒットで全国のソバ屋さんが喜んだというおまけもあった。














おやじ太鼓


鶴亀次郎(進藤英太郎)は、裸一貫から叩き上げ、一代で財をなした建設会社の社長である。

ワンマンで頑固一徹で、ガミガミで八方破れの、とにかくやかましいおやじなのだ。


そんなカミナリおやじが会社から帰ってきた。
おやじは家に上がると、歩きながら上着、ネクタイ、ワイシャツ、ズボンと脱いでいく。


妻の愛子(風見章子)がこの服を拾い集めながら、おやじの後をついていく。
子供たちは首をすくめて、逃げるように自室へと引きさがる。




家政婦のお敏(菅井きん)の入れたお茶がぬるかろうものなら、いきなり「コラ! おトシ~! 
何ですかこのお茶は! 冗談じゃありませんよ!」と怒鳴る。

「冗談じゃありませんよ」は、亀次郎の口癖である。

叱られたお敏は、台所に戻ると、小声で「冗談じゃありませんよ」と呟く。



強烈な個性を持つ明治生まれのおやじと、昭和生まれの子どもたちという世代のズレが
醸し出す笑いと哀愁の日常騒動記を描いたホームコメディ。


昭和40年代のテレビ界はホームドラマが全盛だった。

映画時代の二枚目スターに代わり、茶の間の真ん中に座る頑固おやじや肝っ玉かあさんのような
視聴者と等身大の親しみやすい人たちが主役をつとめるようになってくる。



主役の進藤英太郎は、かつて東映時代劇を中心に悪役スターとして活躍した人物。
すごめばすごむほど愛嬌のある彼独特の持ち味は、チャンバラ・ファンに幅広い人気を得ていた。


進藤演じる鶴亀次郎は、空威張りはするものの、実は気が優しい愛妻家でもある。
結婚以来、一度も浮気をしたことがないことが自慢だ。


そんな愛すべき頑固おやじ役が受けて、かつての悪役進藤は一気に茶の間の人気者となった。

間もなく70歳を迎えようとする頃だから、当時としては最高齢の主演スターだったと言える。














      ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet)1968年(英/伊)

十五世紀のイタリア。モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の一人娘ジュリエットに一目惚れ。
二人は恋に落ちるが、両家は長年に渡って対立を続けてきた犬猿の仲であった。

何度も映画化された古典的な悲恋物語であり、それなりに経験を積んだ大人の役者が主演を演じることが多かった。
本作は、シェイクスピアが書いた実年齢に近い、若く溌溂とした二人が、主演に起用されたことで話題を呼んだ。

何と言ってもヒロインのオリビアの長い黒髪、つぶらな瞳、その可憐な美少女ぶりには息を呑むものがあった。
とりわけ日本で、彼女は絶大な人気を誇り、女子中高生が長い髪を真ん中分けにするのが大流行した。

(監督)フランコ・ゼッフィレッリ(Franco Zeffirelli)
(出演)レナード・ホワイティング(Leonard Whiting)オリビア・ハッセー(Olivia Hussey)
       
                                  A Time For Us(Nino Rota)