6月24日   タイムカプセル(7)昭和36年 (1961年)  坂本九    タイム・カプセル
直線上に配置

この年、サントリーのテレビコマーシャルに登場するトリスおじさんの「トリスを飲んでハワイへ行こう!」は流行語になった。

(映画)第34回アカデミー賞 「ウエスト・サイド物語
「荒野の七人」「ナバロンの要塞」「ティファニーで朝食を」(オードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード)「日曜はダメよ」

東映「宮本武蔵」(中村錦之助高倉健三国連太郎、入江若葉、木暮実千代)東映「名もなく貧しく美しく」(高峰秀子小林桂樹)東映「赤穂浪士」(片岡千恵蔵中村錦之助月形龍之介大川橋蔵大川恵子、千原しのぶ、桜町弘子)東映「柳生武芸帳」(近衛十四郎山城新伍、品川隆二、花園ひろみ)

東映「反逆児」(中村錦之助、岩崎加根子、佐野周二杉村春子東千代之介桜町弘子月形龍之介)松竹「女舞」(岡田茉莉子佐田啓二岩下志麻)松竹「猟銃」(佐分利信、岡田茉莉子、佐田啓二山本富士子、鰐淵晴子、乙羽信子)松竹「もず」(有馬稲子、川津祐介、淡島千景、乙羽信子、山田五十鈴

大映「妻は告白する」(若尾文子川口浩、小沢栄太郎)大映「お琴と佐助」(山本富士子、本郷功次郎、中村伸郎、川崎敬三) 1961年(昭和36年)東宝「用心棒」(三船敏郎仲代達矢東野英治郎)東宝「香港の夜」(宝田明司葉子、尤敏)東宝「小早川家の秋」(中村鴈治郎、原節子司葉子新珠三千代小林桂樹森繁久彌、浪花千栄子、杉村春子

東宝「大学の若大将」(加山雄三星由里子田中邦衛)東宝「モスラ」(フランキー堺香川京子伊藤ユミ伊藤エミ上原謙志村喬)日活「あいつと私」(石原裕次郎芦川いづみ轟夕起子吉永小百合酒井和歌子

(音楽)第3回レコード大賞「君恋し」フランク永井

上を向いて歩こう」坂本九「スーダラ節」植木等「銀座の恋の物語」石原裕次郎・牧村旬子「硝子のジョニー」アイ・ジョージ「コーヒー・ルンバ」西田佐知子「王将」村田英雄「モスラの歌ザ・ピーナッツ 「ラストダンスは私に」越路吹雪「Moon River」Henry Mancini

(テレビ)NHK「夢であいましょう」(中嶋弘子)NTV「シャボン玉ホリデー」(ザ・ピーナッツ、クレージーキャッツ)NHK朝の連続テレビ小説「娘と私」(北沢彪、北林早苗)NET「
少年ケニヤ」(山川ワタル)NET「新諸国物語 紅孔雀」(沢村精四郎)NET「特別機動捜査隊」(波島進)TBS「七人の刑事」(堀雄二、芦田伸介)TBS「咲子さんちょっと」CX「ズバリあてましょう」NTV「ウッドペッカー」



                  



(スポーツ)大鵬、柏戸、横綱昇進、柏鵬時代到来。
(流行語)わかっちゃいるけど、やめられない。地球は青かった。トリスを飲んでハワイへ行こう                  


(ファッション)ムームー、ホンコンシャツ、シームレスストッキング

(社会)01/20第35代米大統領にジョン・F・ケネディが就任。04/12ソ連ガガーリン少佐、人類初の宇宙旅行。
(物故)ゲイリー・クーパー赤木圭一郎、花井蘭子、津村謙


(物価)お米5キロ97円。映画館134円。白黒テレビ14インチ4万円台。カラー17インチ35万円。ラーメン40円。公務員初任給14200円。一般労働者平均給与20000円。

(その他)松原智恵子(16)、日活「夜の挑戦者」でデビュー。和泉雅子(14)、日活「七人の挑戦者」でデビュー。酒井和歌子(12)、日活「あいつと私」でデビュー。倍賞千恵子、松竹「斑女(はんじょ)」でデビュー。高橋英樹、日活「高原児」でデビュー。弘田三枝子(14)、「子供ぢゃないの」(東芝、現:EMI)でデビュー。長門裕之南田洋子と結婚。中村錦之助、女優・有馬稲子と結婚。日活のアクションスター、赤木圭一郎が撮影所内でゴーカートに乗り事故、1週間後に死亡。

英語につよくなる本(岩田一男)記憶術(南博)サンオイル(資生堂)太陽で肌を焼く欧米の習慣が日本にも波及。総合調味料「いの一番」(武田薬品)マーブルチョコレート(明治製菓)サランラップ(旭ダウ)。手塚治虫が虫プロを設立。伊賀の影丸(少年サンデー)ミュータント・サブ(少女)サスケ(少年)うたごえ喫茶。ドドンパのリズム流行。六本木族。ニチボー貝塚女子バレー「東洋の魔女」といわれる。



直線上に配置




                    Moon River(Henry Mancini)





      ティファニーで朝食を(BREAKFAST AT TIFFANY'S)1961年(米)

ホリー(ヘプバーン)は、ニューヨークの安アパートで猫と暮らしている。
彼女は、セレブな男性との交際で生計を立てている自由奔放な女性である。

一方、彼女の恋人ポール(ペパード)は、同じアパートに住む作家志望の青年だ。
彼は、金持ちの人妻から経済的な援助を受けている。

「金が無くては生きてはいけないし、好きだから付き合っている」という
開き直った生き方が気持ちよく、その自由さが彼らの魅力となっている。

(監督)ブレイク・エドワーズ(BLAKE EDWARDS)
(出演)オードリー・ヘプバーン(AUDREY HEPBURN)ジョージ・ペパード(GEORGE PEPPARD)
(主題歌)ムーンリバー(Moon River)










     



少年ケニヤ


物語の舞台は、未開の地アフリカのケニア。

父親の操縦する飛行機が銃撃によって墜落し、ワタル少年はジャングルの中に一人で放り出されてしまう。


途方に暮れていたワタルだったが、ふとしたことでマサイ族の酋長ゼガを助け、行動を共にすることに。

ワタルに恩を感じたゼガは、酋長の座を息子に譲り、父親探しを手伝おうと決意するのだった。




原作は1951年(昭和26年)紙芝居作家の山川惣治が産経新聞に連載した同名の冒険活劇譚。

ケニアのジャングルで日本人少年が活躍するこの物語は、新聞に連載されるや、子供たちに絶大な人気を博し、
社会現象になるほどの一大ブームを巻き起こした。


10年後の1961年(昭和36年)当時ようやく普及しだしたテレビで実写ドラマ化。

新聞に連載された原作は、太平洋戦争がはじまり、英国植民地ケニアに駐在する商社マンの父は
拘束されるのを恐れ、ワタルを連れて自動車でアフリカ奥地に入った、という設定だった。


だがTVドラマが始まった時期、物語の対象は戦争の記憶を持たない戦後生まれの子供たちだった。

そこでワタルの父親は、アフリカの資源調査団の一員という設定に変更。
父親がセスナで飛行中、何者かに銃撃されて落下傘で脱出するが、離れ離れになるという筋書きになった。


「アフリカだ ジャングルだ ウー アッ」という掛け声が印象的なテーマソングは、井田誠一の歌詞に、
当時の新進作曲家いずみたくがキャッチーなメロディをつけている。音盤はビクターレコード。












ローラー式洗濯機


1954年(昭和29年)に脱水機付きの洗濯機が登場した。

とはいっても電気で脱水をするのではなく、2本のローラーに洗濯物を挟み込んで
ハンドルを回すことで脱水を行うものだった。

ローラーを通り抜けた衣類はスルメのようになって奇妙な形で出てきた。
ときおりボタンなどが割れてしまうこともあった。


1960年(昭和35年)には、2槽式洗濯機が三洋電機(現パナソニック)から発売された。

2槽式は、洗濯槽と脱水槽に分かれており、洗濯・すすぎが終わると、
脱水槽に洗濯物を手で移し替える手間がかかる。

それでも家事を大幅に軽減できたため、1970年代には、テレビ・冷蔵庫と並んで、
2槽式洗濯機の普及率が90%を超えた。



その後1980年代には、1槽で洗濯・すすぎ・脱水を行う全自動洗濯機が登場したが、
現在でも2槽式洗濯機を使用する家庭が多いという。

2槽式は、全自動に比べて洗濯槽は小さいが、洗浄力が高く、脱水機能も強力で、
洗濯物の乾きが早いというメリットがあるからだ。












     



シャボン玉ホリデー


日曜夜6時半、CMソング「シャボン玉ルルル…」ではじまる音楽バラエティ番組。


ザ・ピーナッツとクレージーキャッツを中心に、ナベプロの人気タレントがゲスト出演。

歌ありコントあり、おしゃべりありの、何とも忙しく濃い30分番組だった。


番組がスタートした昭和36年は、ザ・ピーナッツは、ようやく売れ出したころ。

クレージーキャッツも、全員がプロのミュージシャンだったが、当時はまだ知られていなかった。
始まった年の暮れに植木等の「スーダラ節」がヒットし、それ以後、彼らの人気は急上昇した。


クレージーキャッツがこの番組で放った流行語は数知れず。
「無責任」「ガチョ〜ン」「お呼びでない」など様々なヒットギャグが生まれた。










    



七人の刑事


警視庁捜査一課は、女性誘拐事件の通報を受ける。

通報したのは、千葉から上京してきた清二という青年だった。

聞けば、都会の不良青年たちによって恋人をさらわれたという。


刑事たちは、彼女を連れ去った車のナンバーから、不良青年たちは、
銀座にたむろしているという情報を得る。


やがて銀座の街角で、清二は、連れ去った野村という男と恋人が二人で
いるのを見つける。


ところが恋人のみどりは、銀座で銀ブラをして嬉しそうにしている。
千葉の漁師町で生まれ育った彼女は、都会に馴染んでしまっていたのだ。


やり場のない怒りを覚えた清二は、デパートの売り場でナイフを買う。
それは、恋人のみどりを連れ去った男を刺すためだった…。



警視庁捜査一課の刑事7人の活躍を描く刑事ドラマ。


刑事ものだが、社会性を追及したストーリーで、堀雄二、芦田伸介、
菅原謙二など、地味な出演者をそろえ、社会派ドラマともいわれた。

シリアスな刑事ものとして茶の間の人気を呼び、最高視聴率40%を記録。

1969年(昭和44年)まで8年間に渡り、全483話という長寿番組となった。

本作は、刑事ものの「古典」として、後年の数多くの刑事ドラマに影響を与えた。
低音の、ちょっともの悲しいハミングだけの主題歌も評判を呼んだ。











     



特別機動捜査隊


警視庁捜査一課に「初動捜査班」が発足したのは1960年(昭和35年)

これは当時、顕著になってきた犯罪の広域化に対応するのが狙いだった。


これを受けて、NET(現:テレビ朝日)が、警視庁の許可を得てドラマ化
したのが本作「特別機動捜査隊」である。


ドラマは、機動捜査隊の不眠不休の活躍を描いたもので、警視庁から実際に
発生した事件の提供を受け、それをフィクション化する手法が用いられた。


番組のオープニング、数台の覆面パトカーがサイレンを鳴らしてブラウン管を
駆け巡るという映像が話題となる。


主演の立石警部補に「七色仮面」で実績を挙げた波島進を起用、ドラマの中では
一度も笑顔を見せず「笑いを忘れた男」と呼ばれた。

本作は、1977年3月まで15年半に渡り、全801話が放送され記録的な長寿番組となった。













   



娘と私


主人公・私(北沢彪)は、留学したパリで現地の娘・エレーヌと結婚。

日本に帰国後、一人娘・麻里が生まれる。

だが、妻・エレーヌは病に倒れ、フランスへ戻ってそこで没する。

その後、私は千鶴子と再婚。戦中・戦後を経て、娘・麻里は結婚する。



1953年雑誌「主婦の友」に連載された獅子文六の同名小説のドラマ化。

記念すべき、朝の連続テレビ小説第一作。
フランス人の先妻との間に生まれた娘の成長を見守る父親の姿を描く。


朝の忙しい視聴者を想定して、ナレーションを多用、二、三回見損なっても
困らないように筋立てを工夫している。


主人公「私」を演じた北沢彪は、父親が宮内庁勤務という家柄のせいか、
ソフトな物腰と物言いで、視聴者の人気を博した。


1952年放送のラジオ劇「君の名は」の春樹役で「女湯を空にした」張本人であり、
今回もその腕を買われてナレーションも兼務している。